×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車の各パーツにも距離数や年数

購入前にどれだけ自分で確認できるかが大切です。食べ物にも賞味期限があるように、車の各パーツにも距離数や年数によって交換時期というものがあります。車は消耗品の塊ともいえます。消耗したものは新しいものに取り替えなくてはいけません。専門家が見ないと消耗具合がわからないパーツも多いのですが、車を選ぶ時点でユーザー自身が確かめることができる部品やパーツは沢山あるものです。

 

フロントタイヤというのは外が夜よりも内側を欲に確認することが大切です。これは距離を走れば走るほどハの字型になってしまいますので、内側の消耗の方が大きいのです。リヤタイヤについては、真ん中の減り具合を確認しましょう。これは急発進を繰り返している車というのは真ん中が減っているからなのです。

 

リアバンパーの裏側あたりにあるマフラーを底の方から叩いてみて、中川にある、消音のために設置されている仕切りの板を確認してみます。

 

これが砕けているとサクサクと音がしているので、そういった場合は注意が必要ですかいぎょうバッテリーについては7個ほどあるキャップをすべて開けてみて、バッテリー液を入口付近まで入っているかどうかをチェックします。また、+−の端子に、仕様のようなものが吹いていないかどうかを調べてみます。